仮想通貨に給料ぶっぱ

SEが生活費を除いた月給をぶっぱするブログ

indaHashとは?インフルエンサーと企業のマッチング。【仮想通貨】

「indaHash」について紹介します。

 

f:id:ks15124037:20180127132330p:plain

基本情報

名前

indaHash / IDH
時価総額 ? / 1173位(2018/1/27現在)
発行数 400,000,000
ハッシュ  
マイニング  
公開日  
公式サイト https://indahash.com
GitHub https://github.com/indahash
ホワイトペーパー https://s3.eu-central-1.amazonaws.com/idh-files/ico-landing/indahash_whitepaper_ico.pdf
チャート https://coinmarketcap.com/currencies/indahash/

概要

SNS インフルエンサーと企業のマッチング indaHashはインフルエンサーマーケティングをトークン化する事により、ブランドや観衆との関係を強化する事を目的とします。 クリプトエコノミー新モデルにより3つのグループ間(ブランド・インフルエンサー・観衆)でindaHashコインを循環させます。各ブランドはindaHashコインでインフルエンサーにキャンペーン報酬の支払いが可能です。 インフルエンサーは報酬をindaHashコインで受け取ることにより各ブランドの商品やディスカウント及び未発売商品などとの交換が可能になります。また、自身のトークンを発行しそれを観衆への報酬やファンサービスとして使用する事により反応率アップが可能です。 インフルエンサーの観衆(フォロワー)は取得したトークンを使ってサイン入りグッズや個人的に会う機会、その他のファン活動への参加機会を得ることが可能になります。

要は、

企業視点→インフルエンサーに報酬(IDH)を渡して自社商品を宣伝してもらう。

インフルエンサー→企業から依頼を受けて商品を宣伝する。また独自のトークンを発行してファンへのサービスを行う(VALUのようなこと)

ファン→インフルエンサーが発行したトークンを取得して何かしらの恩恵を得る。

という、個人の力が躍動しやすくなっている現代の流行りに乗ったサービスです。

 

 

サービスも既にローンチされていて、有名なインフルエンサーも利用しているらしい。

海外のインフルエンサーでしょうか?

 

マクドナルド、ケンタッキー、ファンタなどが既にスポンサーとして登録。

創立者はbarbara soltysinskaという方。ポーランドのワルシャワ出身で、かなりお綺麗です。

 

以前には「LifeTube」というポーランドにおけるYouTubeの広告代理店会社を設立して経営をしていました。

 

2013年に設立し、2016年に売却。その後indaHashを設立して今に至るようです。

ブロックチェーンのプロジェクトにはこういった色のサービスが見当たらず、競合は少なさそうなので期待のプロジェクトです。

 

ニュース

HitBTC上場。