『バウンサー』を全巻どれでも無料で読む方法 | 漫画村の代わり

5 min

漫画村が閉鎖してどこで漫画をみれば良いかわからない。誰か教えてくれないかな〜

この記事ではそんな疑問にお答えします。

本記事で紹介する方法を利用すれば『バウンサー』が全巻どれでも今すぐ無料で読むことが可能です。

机上の空論とならないよう、実際に僕も使用した方法のみ紹介しています。

[box02 title=”この記事でわかること”]

[/box02]

『バウンサー』の漫画を無料で読む方法とはズバリ『◯◯』。

[jin-img-kadomaru]

[/jin-img-kadomaru]

本題です。

結論からいうと、以下のサイトで『バウンサー』を全巻どれでも無料で読むことが出来ます。

U-NEXT1冊分が無料ですぐ読める
music.jp1冊分が無料ですぐ読める
FODプレミアム1冊分が無料で読める!

それぞれ説明していきますね。

『U-NEXT』

[jin-img-kadomaru]

U-NEXT 無料体験

[/jin-img-kadomaru]

無料で『バウンサー』を読む1つ目の方法は『U-NEXTの無料体験サービスを利用すること』です。

U-NEXTは国内最大級の動画配信サービスで知られていますが、電子書籍も扱っており『バウンサー』も掲載済み。

U-NEXTでは31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに600円分のポイントが貰えます

600円分のポイントを使えば『バウンサー』を全巻どれでも今すぐ無料で読むことができるというわけですね。

また、U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、気軽に試せますね。

下記のボタンからアクセスするとU-NEXTの無料体験サービスを利用することが出来ます。登録は1分で可能。

>【U-NEXT】の無料体験はこちら

解約違約金ありません!

『music.jp』

[jin-img-kadomaru]

無料で漫画を読む方法3 music.jp

[/jin-img-kadomaru]

無料で『バウンサー』を読む2つ目の方法は『music.jpの無料体験サービスを利用すること』です。

music.jpは音楽配信サービスのイメージが強いですが、動画と電子書籍の配信も行なっています。

そして、30日間の無料体験サービスがあり、利用するだけで即時に電子書籍用の600円分のポイントと動画用の1000ポイントが貰えるんですね。

この600円分のポイントを利用すれば『バウンサー』が1巻分無料で読めるというわけです。

もちろん、いつ解約しても解約金は無しなので、完全無料。

無料体験サービスが利用できるのはこのリンクから登録した場合だけですので、是非ご利用ください。

>【music.jp】の無料体験はこちら

解約違約金ありません!

『FODプレミアム』

FOD 無料

無料で『バウンサー』を読むもう一つの方法はFODプレミアムの無料体験サービスを利用することです。

FODプレミアムはフジテレビが運営する動画配信サービスですが、電子書籍の配信もしています。

FODプレミアムは2週間の無料体験サービスがあります。更に、無料体験期間中に最大900ポイントが無料で付与されるんですね。

FODプレミアムは登録時に100円分、毎月8・18・28日にそれぞれ400円分のポイントが貰える!

このポイントを使えば『バウンサー』を1冊分読むことができます。

無料でもらえるポイントはこのFODプレミアムが一番多いので、無料で漫画を読みたい方は外せないサービスです。

解約違約金ありません!

「星のロミ」やzip・rar、海外の違法海賊版サイトで『バウンサー』は見られる?

漫画村

どうせなら登録なしで『バウンサー』を見る方法は無いかと思い、もう少し調査してみました。

調査の結果。

結論から言うと、あります。

しかし当サイトでの紹介は自粛します。理由は「危険すぎる」から。

マイニングスクリプトが仕込まれ端末が故障する。詐欺サイトに飛ばされる。さらに、法律上、閲覧しているだけで逮捕される。

ちょっとリスクを調べるだけでもこれだけの危険な情報が出てきます。

漫画村を運営していた「星野ロミ」が、2019年7月には逮捕されました。

星野ロミは当時フィリピンに滞在しており、その状況下で身元特定から逮捕に至ると言うのは著作権保有者のかなりの本気度が伺えるわけです。

参考:【速報】「漫画村の星野ロミ」が逮捕

違法サイトを使っていると、最悪の場合、数百万単位の賠償金を支払い、前科までついてしまう訳です。

絶対に使用しないでください

今後著作権の侵害に対しては厳しく取り締まっていくでしょう。漫画のお金をケチっただけで人生が狂うというのは避けたいものです。

正規サービスでリスク無しで無料で読むことが出来る方法がある訳ですから、そちらを使うことをお勧めします。

『バウンサー』をリスク無しで無料で読もう!!

[jin-img-shadow]

引用:みずたまこと/秋田書店『バウンサー』

[/jin-img-shadow]

漫画村が閉鎖されてからというもの、ウィルス問題や法律的にも海賊版サイトを利用することは不安でしたから、こうした正規サービスでリスク無しで無料で読むことが出来る方法があるのは目から鱗ですよね。

この記事で紹介したサービスの無料体験がいつ終了するかわかりませんし、解約金もありませんから、ぜひこの機会にご活用してみてはいかがでしょうか?

U-NEXT1冊分が無料ですぐ読める
music.jp1冊分が無料ですぐ読める
FODプレミアム3冊分が無料で読める!

『バウンサー』のあらすじや見所を紹介!

[jin-img-kadomaru]

引用:みずたまこと/秋田書店『バウンサー』

[/jin-img-kadomaru]

『バウンサー』、めちゃめちゃ面白いですよね!どんどん引き込まれる

といっても、最近まで読んでいませんでしたが。内容があまり想像できないタイトルですよね。

しかし話題になっているので試しに一巻読んでみると・・面白い!!一気に読みました。個人的には『ケンガンアシュラ』みたいなで、ハマりました。

実際にBSにて実写ドラマ化もされるなど、その人気はお墨付きなんです。

では、何がそれほど面白いのでしょうか。

『バウンサー』のあらすじや見どころを少しだけ紹介したいと思います。

『バウンサー』のあらすじを簡単に説明

引用:みずたまこと/秋田書店『バウンサー』

『バウンサー』は端的にいうなら、「男気溢れる痛快アクション漫画」です。

『バウンサー』はどうしようもない主人公が、夜の街の安定を守る民間警備会社「東京フィスト」と出会い、そこで成長していく痛快アクション漫画です。

主人公の「獅子戸丈一郎」(19歳)は、筋が通らないことがあるとすぐに切れてしまう性格で、これまで派遣の仕事を26回クビになっているどうしようもない男です。

そんな獅子戸が、ふとしたことから「東京フィスト」の社長とあいまみえることになり、この物語が展開していきます。

あまり詳しく話してしまうとネタバレになってしまうのでここら辺で。

とりあえず言えることは『面白い』です。誰もが引き込まれてしまうその見所を紹介します。

『バウンサー』の魅力1:個性あふれる登場人物

1つ目の見どころは、個性あふれる登場人物でしょう。

主人公の「獅子戸丈一郎」の父は不明で、生まれて半年で母に施設に預けられましたが、その後叔父に引き取られて育てられます

しかし、15歳の頃、その叔父も事故で他界し高校も中退。

そこからは派遣の仕事を転々とします。

このほか「東京フィスト」社長の「鰐渕剛志」は元警察関係者で、規格外の体形と暴漢制圧術を持つナイスミドル。

そして、主人公の最初の指導役「蜂野信也」は現役の東大生で今は休学中
見かけはホストのように甘いですが、己に絶対の自信を持つ人物です。

さらに、主人公の次の指導役「虎井清十郎」は元武闘派ヤクザで、東京フィストではセキュリティ部門の統括リーダー。

しかも、セキュリティ技術は東京フィストの中でもピカイチです。

『バウンサー』では、このほかにも個性豊かな人物が多数登場します。

『バウンサー』の魅力2:主人公の成長していく姿とストーリー

2つ目の見どころは、どうしようもない主人公が個性豊かな登場人物のなかで社会的にも人間的にも、そして、本物の男としても成長していく姿にあります。

例えば、主人公が持つ信念の1つに「かっこ悪い男になりたくない」というものがありますが、信念を貫き通すためにはどんなに汚いことをしてでも生き残らなければなりません。

それを主人公が学ぶシーンは見ものです。

また、この漫画の思いもよらない展開と、そのストーリーも見どころです。

誰もが衝撃を受ける展開とそのストーリーは、読む人を飽きさせないことでしょう。

 

合法無料で『バウンサー』の世界を味わおう!!

引用:みずたまこと/秋田書店『バウンサー』

漫画『バウンサー』を無料で読む方法とあらすじをお伝えしてきました。

この記事で紹介したサービス、解約金はありませんし、無料体験がいつ終了するかわかりません。

もし『バウンサー』に興味を持ってくださったなら、ぜひ本編を見てみてくださいね。

U-NEXT1冊分が無料ですぐ読める
music.jp1冊分が無料ですぐ読める
FODプレミアム1冊分が無料で読める!

2020年5月時点の情報です。最新の状況は公式サイトでご確認ください。

今人気のマンガはこちら!

人気の記事

関連記事

コメントを残す