その他

【仮想通貨】MacOSXでイーサリアムのマイニングまでやる

 

 

homebrewをインストール

こちらを参照してインストールします。

あわせて読みたい
【パッケージ管理ソフト】macOSXにhomebrewをインストールする今回は開発メモです。 homebrewとは macOSXのパッケージ管理ソフト。centOSだとyum。ubuntuだとapt。...

ethereumのクライアント「geth」をインストール

[codebox title=”コード”]

$ brew tap ethereum/ethereum
# ethereumのリポジトリをbrewに追加
$ brew install ethereum
# ethereumをインストール

[/codebox]

データディレクトリを作成する

[codebox title=”コード”]

$ mkdir ~/mainnet_data

[/codebox]

ブロックチェーンデータを格納するためのディレクトリを作成します。
任意の場所で良いです。

gethを起動

[codebox title=”コード”]

$ geth --datadir “/~/mainnet_data” console 2>> ~/mainnet_data/e01.log

[/codebox]

「—datadir」オプションでブロックチェーンデータを格納する・使用するディレクトリを指定します。
「console」その場でコンソールを起動します。バックグラウンドでも起動できるのでそれはまた別の機会に。
「2>>」でエラーの出力先ファイルを指定します。

アカウントを作成

[codebox title=”コード”]

>personal.newAccount(“password”)

[/codebox]

「password」の部分に好きな文字列を入れましょう。ただし、「絶対に」忘れないでください。2度と表示されることはありません。

[codebox title=”コード”]

>eth.accounts

[/codebox]

アカウントリストを表示するコマンドです。
アカウントが作成されているか確認しましょう。

マイニングを開始

[codebox title=”コード”]

> miner.start()
null

[/codebox]

マイニングが開始されます。
2、3日はメインネットワークとの同期を行うので、マイニングが行われません。

マイニングが行われているか確認

[codebox title=”コード”]

> eth.mining
true

[/codebox]

確認します。

[codebox title=”コード”]

> eth.hashrate //採掘処理実行時

[/codebox]

0が表示されなければ、マイニングがされている証拠です。

[codebox title=”コード”]

> eth.blockNumber

[/codebox]

ブロックが何番まであるか表示します。同期が完了されていないと「0」が表示されます。

マイニングを停止

[codebox title=”コード”]

> miner.stop()

[/codebox]

停止します。

コンソールを終了

[codebox title=”コード”]

> exit

[/codebox]

gethコンソールから抜けます。

ABOUT ME
すず貴
20代。都内で WEBエンジニア。サラリーマン卒業を目標に、その足がかりとしてブログを書いています。 好きなものは人の笑顔。趣味はゲーム、漫画、ファッション、外食等。私の発信する情報がみなさまのためになる事を願っています。