【僕のヒーローアカデミア】最新話「第250話」ネタバレと感想【エンディング】

4 min
僕のヒーローアカデミア

2019年11月18日発売「週刊少年ジャンプ2019年51号」に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』最新話の第250話

週刊少年ジャンプを読んでない方に向けて詳しく内容をお伝えしていきます!

今回も大事な内容になっていますのでお見逃しなく。楽しんでいってくださいね!

 

「無料で漫画『僕のヒーローアカデミア』を読みたい!」

という方向けに、記事の後半で『僕のヒーローアカデミア』の漫画を無料でみる方法を紹介しています。今すぐ知りたい方はクリック!

≫『僕のヒーローアカデミア』を無料でみる方法まで読み飛ばす 

前回のあらすじ

4ヶ月後の死柄木弔率いる超常解放戦線の全面攻撃に備えデク、爆轟、ショートはエンデヴァーの下でインターンを行っていた。

おのおの能力をどんな状況でも最大限に放出する課題をエンデヴァーから出されて一週間、なんとか慣れてきた時に、エンデヴァーの娘冬美に夕食に誘われる。

冬美の手料理に喜ぶデクたちだったが、エンデヴァー家の長男夏とエンデヴァーは家族なのによそよそしい。

ヒーローの仕事のために家庭を顧みず、子供は能力のあるショートにしかかまわなかったため、母は精神を病み、ショートの顔に火傷の痕が残った。

長女の冬美のとりなしで、なんとかもう一度家族の絆を取り戻そうとしている。エンデヴァーは仏壇のもう1人の子供の遺影に手を合わせた。

https://www.suzuco.net/entry/hiroaka-netabare-249/

 

『ヒロアカ』最新話【250話】のあらすじ・ネタバレ

[jin-img-kadomaru]

臆病かつ勇敢な主人公『出久』。出典:『僕のヒーローアカデミア』
堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』

[/jin-img-kadomaru]

【怪しい人影】

デク、ショート、爆豪を読んでのエンデヴァー一家の食事会。

エンデヴァー家を覗き込む怪しい視線があった。

 

男は常にエンデヴァーに問いかけている。

男にとってエンデヴァーは憧れの存在だった。

人生に生きる意味を無くしている男にとって、エンデヴァーは全てを持っている完璧な存在だった。

男はエンデヴァーが鷹見という男を捕まえる場面を見て、エンデヴァーの勇姿に惹かれるようになった。

 

エンデヴァーに捕まるためにわざと犯罪を犯し、7年前に捕まった。

男が出所してはじめたのは、エンデヴァーの所在地を調べることだった。

 

人生に希望を失った男が持つのぞみはただ一つ。どういう死を迎えるかということだった。

 

ちょうど、食事を終えたエンデヴァーの息子夏が玄関を出た時だった。

【長兄 燈矢の死】

冬美の手料理が終わると、夏とエンデヴァーがギクシャクしている理由を冬美が語る。

 

夏と燈矢は大の仲良し兄弟だった。

その燈矢が死んだのは、エンデヴァーのせいだと夏は思っており、ずっと許せずにいた。

 

デクや爆豪は複雑なエンデヴァー家の事情を目の当たりにして、愕然とする。

しかし、冬美は家族の切れそうな絆を繋ぎ止めようと、忙しい合間を縫って今日のような食事会を開いたのだ。

 

別れ際、冬美はデクにショートの友達になってくれてありがとうと固い握手をした。
デクもそんなこちらこそですと返した。

【突然の襲撃】

ハイヤーが来て、ショート、デク、爆豪を学校へ送り届けにエンデヴァーも乗り込む。

3人は週末だけ、エンデヴァーの元でインターンをして、平日は学校で普通に授業をしていた。

だが、車の中でこれからは平日も二日間、インターンを追加すると告げられる。

神妙に聞くデクショートだったが、爆豪だけはハイヤーから顔出してハイテンションだった

ハイヤーの運転手はズケズケとものを言うタイプで、傍若無人の爆豪の言動に説教するし、
そんな爆豪を許すエンデヴァーにも文句を言った。

「いつからそんなことを許すようになったんだ?」

「頂点に立たされてからだ」

 

エンデヴァーはNo.1になったことを不本意に思っていたようだ。

 

車の前に一人の男がたちはだかった。

冒頭にエンデヴァー家を遠目で見ていた男だ。

鼻がなく、目も白目しかいない奇怪な男だった。

そして、その男が包帯でぐるぐる巻きにしているのは意識を失った夏だった。

 

エンデヴァーはそれを知ると、車から飛び出して、変身して男の方へ飛び込む。

男は7年前にエンデヴァーに捕まった時も、本当は死ぬつもりだった。

すべてを持った男エンデヴァーに殺されたいと願っていた。

仲間も家族も金も名誉もない孤独な男の願いだった。

エンデヴァーが自分のことを覚えていて、男は狂喜した。

 

「エンディング」

 

悲しい男の名前はそう言った。

エンディングはエンデヴァーに夏を殺すので、今度こそ間違いなく殺してくれと頼んでいた。

『ヒロアカ』最新刊を無料で読もう!

[jin-img-kadomaru]

引用:堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』
引用:堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』

[/jin-img-kadomaru]

以上、『僕のヒーローアカデミア』のネタバレと考察をお届けしましたが、どうせなら漫画を読みたくありませんか?

実際に『U-NEXTの無料体験サービスを利用すること』で僕のヒーローアカデミアの最新刊を無料で読むことが出来ます。

 

U-NEXTでは31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに600円分のポイントが貰えます

600円分のポイントを使えば『僕のヒーローアカデミア』を今すぐ無料で読むことができるというわけですね。

 

また、U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、是非お試しアレ。

>『ヒロアカ』を無料で読む

解約違約金ありません!

『ヒロアカ』最新話【250話】の感想・考察

屈折したファン心理、どことなく大ヒットした「JOKER」を思わせる屈折した性格のヴィランです。

突然、引きこもっていた人が凶暴性を出して、全く関係のない人に暴食をふるう心理が描かれています。

追う方、追われる方もどちらも同じように、人生に対する虚しさを抱えている合わせ鏡のような存在です。

しかしエンディングが勘違いしているのは、鷹見という男を捕まえている場面。

鷹見とはホークスでエンデヴァーの右腕で、ダブルスパイとなって、敵側に侵入しているのです。

息子夏を危険にさらして、ヒーローという宿命でしょうか?

ヒーローというのは私生活を犠牲にしないとなりえないものなんでしょうか?

なんとか無事夏を救出させて、平和な家族を再構築してほしいものです。

こんな屈折した人生を抱え込んだ状態でデクの世代ではヒーローになってもらいたくないのが正直な願いです。

ヒーローになる人はやはり人生に置いても幸せを築いて欲しいです。

そうじゃないと、あまりに過酷なことをしているのに、つらすぎます。

これだとヒーローのなり手がいなくなってしまいますね。

 

僕のヒーローアカデミアのネタバレ記事をもっと見る>>>

週刊少年ジャンプのネタバレ記事をもっと見る>>>

関連記事

コメントを残す